custom decalsの魅力とは【オリジナルシールが作れる】

print

作るなら高品質が一番

印刷所を活用すれば高品質な同人グッズを制作できます。グッズの種類はとても豊富で、自身が欲しいと思うものを作れます。印刷通販を利用するとネットで入稿可能なので便利です。高品質な作品は多くの人に興味を持って貰えます。

詳しく見る

記事リスト

印刷機

業者に依頼をする時は

個人の技術を駆使して作るよりも、印刷専門業者にメンバーカードを作ってもらった方が確実です。業者とうまく連携するためにも、デザインをしたら正確にそれを伝えるようにしましょう。早めに作業を終えてくれる業者を選ぶ事も大事です。

詳しく見る

印刷物

低コストで雰囲気を激減

集客の方法を考えるときには、様々な手法がありますが、その一つの方法として、低コストで効果の高いcustomdecalsを利用するという方法があります。店内のガラス面はもとより、床や車などにも利用でき、SNSを通じた拡散も期待できます。

詳しく見る

色見本

得意不得意があります

印刷して製本する、同人誌作りの頼れるパートナーが印刷所です。印刷所ごとに様々なサービスを提供してます。例えばビビットなカラー印刷が得意なところ、扱っている特殊紙の種類が多い所などです。自分の作りたい同人誌のイメージに合った所を選びましょう。

詳しく見る

メンズ

カードを製作する

メンバーカードを製作する際にはカードの材質選定に加えて、印刷仕様を決める事が必要です。オフセットは製版が必要となり大量印刷に向いており、オンデマンドは製版が不要で短納期や小ロットのカード作成に適しています。

詳しく見る

注文前に要チェック

CMYK

デカールで大丈夫か

decalsは車やプラモデルの側面にロゴ等を装飾するために使用されます。また、シールやステッカーのような感覚で様々な物の装飾に使用されます。自分の愛車をcustomする目的でdecalsを注文する方が多いです。しかし、decalsを注文するに当たって注意する点もいくつか存在します。まず一つ目は、decalsは基本的に多色使いが出来ないという点です。decalsは基本的にロゴ部分、デザイン部分のみがシールとなっています。そのため、背景部分は無く愛車のボディーカラーを利用する事になっています。製造工程で1色の糊つき台紙をカッティングして作成している為、単色でしか製造できません。愛車との一体感は抜群で愛車のボディーカラーを活かす事が出来ますが、カラフルな多色使いのデザインは不可となっています。多色使いを希望する場合はステッカーをcustomした方が、思った通りのデザインとなります。また、decalsは貼る際にコツがいります。自分の愛車をcustomする前に、必ず洗車をしてチリや埃を落とします。さらに、ワックスコーティング等を行っている場合は必ず中性洗剤などで拭きとるようにします。このひと手間が無いと、折角のステッカーがはがれてしまうので重要です。貼り付けには専用のスキージを使用すると綺麗に貼りつける事が出来ます。初めて貼りつける方は必ず説明書を読みながら利用する事で、失敗を防ぐ事が出来ます。貼りつけ部分は2〜3日は洗車等は避け、完全になじませる必要があります。愛車をcustomする事で、より愛着がわきます。